相続対策するならまず財産の把握を

相続対策として、相続税を節税できるように生前贈与をしようと考える前にまずやっておきたいのが財産の把握です。
自分がどれだけの財産を持っているのかというのを整理してみないと、相続税が課税されるのかすら分からないこともあります。
そのため、自分の財産がの全てについて財産目録を作成してみましょう。
相続財産には実は預貯金や不動産以外にも借金なども含まれますし、生命保険金に有価証券など様々なものがあります。
それを知らずにいると相続税の対象になる相続財産の計算も間違ってしまいますし、死後に相続人が財産を把握し分割する上でも役立ちます。
なのでまずは正確な財産目録を作成します。
その上で、誰にどの財産を分け与えるのが適当であるかを考えることもできます。
正確な財産目録があれば、相続税を節税するために生前贈与したのに後になって把握してなかった財産が見つかって相続税が課税された、となる心配もありません。
遺言書も財産目録があれば、誰に財産の何割相続させるなどといった曖昧な書き方ではなく誰にこの財産を相続させる、というはっきりとした書き方となります。
相続トラブルのリスクを下げるためにも、相続対策は財産目録を作成からスタートするのがおススメです。

Posted by souzoku12