相続対策で税金を安く抑えられる理由

主人は神奈川県で信頼できると評判の遺品整理の会社に勤めています。神奈川県や東京都内の葬儀などにも詳しく、東京湾の海洋散骨について立ち会ったことなどを話してくれました。
遺品整理を行なっている最中に、遺族の方から相続について相談を受ける機会がしばしばあるそうです。
かく言う私もつい先日大阪に住む祖母が亡くなり、枚方でのあたたかな家族葬に参列してきました。その後は一族の墓地がある倉敷市で墓石のお掃除もしてきました。その際に相続税の節税について相談されたので、相続相談で頼れる兵庫県の弁護士離婚相談で頼れる兵庫県の弁護士から伺ったアドバイスを元に、相続対策で税金が安くなる理由を紹介します。

相続対策について考えよう
相続対策について考えよう

・相続税の計算方法
相続税の仕組みを理解するには相続税の計算方法を知っておく必要があります。相続税の計算方法は簡略化すると以下の計算式となります。
(課税遺産総額-基礎控除額)×税率-各種の税額控除

この計算式からも相続税を安くするには、「課税遺産総額を少なくする」、「基礎控除額を増やす」、「税率を抑える」、「各種の税額控除を活用する」といった4パターンがあることが分かります。

・課税遺産総額を少なくする
課税遺産総額を少なくするには遺産の額を減らすことに繋がります。しかし、多くの財産を相続する為に遺産の総額を減らすのでは意味がありません。しかし、不動産ならば実際の価値よりも評価額を低く抑えることが可能となっています。

・基礎控除額を増やす
基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」で求めることが出来ます。この式からも分かるように法定相続人の数を増やすことで基礎控除額は増やすことが出来るのです。

・税率を抑える
相続税の税率は課税価格が大きくなるほど、税率も高くなります。しかし、法定相続人が増えるほど相続税の総額を計算する際の一人当たりの課税価格は少なくなり、税率を抑えることが出来ます。

・各種の税額控除を活用する
相続時や贈与時に適用される様々な非課税制度や税額控除制度を活用することは相続税対策につながるのです。

 

PR|工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科健康マニアによる無病ライフ女性向けエステ.comマッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣

Posted by souzoku12