相続税対策としての贈与は魅力的

相続税対策としてできることはいくつもあるわけですがその一つとして贈与を行うということがあります。多くの場合、相続税対策というのは基本的に財産の価値を減らすとかそのものを少なくするというような形になります。贈与もそうしことの一つであり、これを毎年行うということによって相続させる財産というのを少なくすることができるようになります。つまりは、確実に相続財産を減らせられるので税金対策となるわけです。まさに相続税の節税の方法として最も無難なやり方であると言えるでしょう。贈与にもお金がかかるのではないかと思うかもしれませんが確かに贈与税というのもあります。しかしこれには非課税枠というのがありますので毎年それを消費していくということによって相続税の節税につなげるということができるようになるわけです。また、課税となる財産もあったりします。それが祭祀財産と呼ばれるものであり、これは要するにお墓なのです。お墓に関しては非課税で相続することができますから相続させてから購入するのではなく、購入しておいてそれごと相続させることで可能です。

Posted by souzoku12