節税を目的とした2つの相続対策例

節税を目的とした相続対策には、様々な方法があります。すべてを活用することはできないにしても、知っておいて損はないでしょう。たとえば、子どもや孫など直系尊属の住宅資金を援助した場合、最大3000万円が非課税の対象となります。これは2021年12月31日までに行われる贈与が対象となり、受贈者の合計所得金額が2000万円以下、年齢は20歳以上など、いくつかの決まり事がありますが、もし遺産を住宅購入の資金援助という形で残したいという場合にはおすすめです。また生命保険の非課税枠を効果的に利用する方法もおすすめです。生命保険がみなし相続財産として相続税の課税対象となりますが、実は500万円×相続人数までは非課税となるのです。たとえば、配偶者と子ども2人が相続人であれば、1500万円までは非課税となります。そして、もともと基礎控除である3000万円+600万円×相続人数があるので、これらの合計額である6300万円が非課税の対象となります。この他にも、20以上の実に様々な節税方法があるので調べてみると良いでしょう。

Posted by souzoku12